水道詰まりの代表格であるトイレ詰まりは、水に溶けにくいものを流すことによって起こってしまうケースが多いです。トイレを詰まらせてしまう代表的なものには、普通の紙やティッシュペーパー、大量のトイレットペーパーがあります。勘違いしている人も多いかと思いますが、トイレットペーパーでも大量に流すことによってトイレ詰まりの原因になります。水に溶けやすいトイレットペーパーでも、注意が必要です。

他にも猫の砂などトイレに流せる商品も注意が必要です。トイレに流せる商品であっても、たくさんの量を流し過ぎないようにしましょう。このような水道詰まりの代表格であるトイレ詰まりを修理する際には、ラバーカップやバケツなどで解消させることができます。通称スッポンと呼ばれるラバーカップは、排水管やパイプを真空状態にして詰まりを解消させます。

軽度の水道詰まりであればバケツで修理することも可能です。便器内の水を全部かき出した状態で、高い所からバケツの水を流すことによって詰まりを解消する方法です。他にもお湯と重曹、お酢を使った修理方法やワイヤーブラシで詰まりを修理することもできます。お湯と重曹、お酢を使った方法は、二酸化炭素の泡を発生させることによって異物を溶かす効果を発揮します。

ワイヤーブラシで詰まりを除去する方法は、行う時に周りのパイプを傷つけないようにすることがポイントになります。これらのことを行っても改善されない場合は、専門の会社に依頼するのがいいでしょう。